マッチングアプリ利用でも見た目がよくないと彼氏はできない

私は独身時代彼氏が全然できずに悩んだことがありました。

学生時代の友人や社会人になってからの同僚や後輩には、ほとんど彼氏がいたことから、どうして自分だけは彼氏ができないのかと不思議に思っていました。

というのも私はこれまでに幾度となく片想いをしている人に告白してきたものの、全てフラれてしまっていました。

中にはうわさで自分のことが好きだということを聞いた人に告白したこともあったのですが、その人からもフラれてしまってすっかり自信を無くしてしまいました。

また社会人になってからは女性しか勤務していない職場に就いたことから、男性との出会い自体がなくて彼氏の見つけようがありませんでした。

そのようなことからその頃に出始めていたマッチングアプリを利用して彼氏を探そうとしたのです。

私は今までに出会い系サイトを利用したことはあったのですが、自分の住んでいるところに近い男性の登録者が少なくて約1年程度で退会したことがありました。

マッチングアプリに関しても、同様に人口が少なめの自分の住む地域に近い人には多くないだろうと思ってあまり期待はしていませんでした。

しかし時代の流れなのか、以前出会い系サイトを利用していた時よりも利用者は増えていたように思え、自分の住む地域に近い男性もかなりの数がいたことに驚きました。

そのひとつがwithというアプリです。

女性は無料で遊べるのが特徴で、安心して利用できると思って登録しました。

このマッチングアプリを利用すれば、きっと利用しているうちに彼氏ができるのではと思って、気になった人には積極的にメッセージを送るようにしました。

マッチングアプリは約1年間利用し、その中で3人の男性と具体的にやり取りして実際に会いました。

しかしながら、いずれの男性も正式にお付き合いしないままの状態でした。

どの男性もメッセージをやり取りしている時はノリノリで接してきたのですが、実際に会うとよそよそしい感じがしてしまって長続きしなかったのです。

これに関しては男性たちが皆人見知りが激しかったのか、あるいは私の見た目がタイプでなかったのかどちらなのかは、今でもわからない状態です。

しかし学生時代の比較的男性との出会いが多い時期から、全くモテずに彼氏がいなかったことから、自分の見た目はよくないのだろうということを改めて実感しました。

なのでいくら出会いを求めても彼氏ができないだろうと思い、一旦マッチングアプリを退会して自分の見た目をよくすることに専念しました。

Omiaiで出会った彼は今の旦那さん

私は様々なマッチングアプリがある中で、Omiaiというアプリを使用しました。

なぜ始めたかというと、当時私には恋人がいたのですが、相手からの距離を置きたいという発言に悲しくなり振られる可能性があるならと思い、寂しさから新しい恋人を探すためOmiaiアプリを活用しました。

Omiaiアプリでは、年齢や職業、趣味なども見ることができたので、相手を見つけやすく活用しやすいなと感じました。

年齢は様々で、結婚を考える人もいたので、誠実な人が多いのかなと思います。私はさっそく興味がある人にいいねを押してメッセージを送りました。

すると相手からメッセージが来て、最終的には何人かとやり取りをするところまで辿り着きました。

しかし、意外と自分と相性の良いひとを探すのは難しく、自分からメッセージを送ったひととは進展しませんでした。

そこで、今までチェックしてなかった足跡やいいねを押してくれた男性に注目しました。

たまたまその中に私好みの男性がいたので、試しにメッセージを送ったところ返信が来たので、何回かお話することになりました。

Aさんは、今まで話していた男性たちとは異なり、好きなものが似ていたり、返信が丁寧で何より会話が心地よかったです。

しばらくAさんとはやり取りしていたのですが、突然返信が来なくなり気になった為、私からメッセージを送ると、Aさんは他の男性に興味があるのではないか、私は必要ないのかもしれないと思っていたらしく、返信しなかったそうです。

実際は、他の男性など興味はなくAさんには興味があったのですが、私の返信内容が淡白だったのが誤解を受け、返信が来なかったのだと思います。

私は慌てて、誤解だということを理解してもらい再びメッセージを再開しました。

そして親密になってきて暫くしたころ、Aさんに私には恋人がいる事実を打ち明けました。

すると、私に好感を抱いていたらしいAさんは驚いていましたが、自分に打ち明け相談してきた事を感謝すると言っており、応援までしてくれました。

私は器の広さに感動し、電話のやりとりまでする仲になりました。

仕事終わりや、休日には私の相談にのってくれたり、私にとって心の傷を癒してくれる相手でした。

その頃、付き合っていた恋人とはもう別れたいと思いはじめ距離を置いていた恋人に別れを告げ、Aさんとデートをする約束をしました。

デートはお互い仕事終わりで場所は私のお家でした。

もちろん、デート前に相談した上で私のお家にし、Aさんは私の身を心配してくれていたので、信じることにしました。

初めて対面した時は、緊張してあまり顔を見ることが出来なかったのですが、Aさんが手料理を振舞ってくれたり、話しかけてくれたので徐々にリラックスできるようになりました。

そろそろ帰る時間になった時、私は寂しくなり無口になると、Aさんは薔薇の花を1輪差し出し、膝まづいて告白してくれたのです。

私はびっくりしてすぐには返事出来なかったのですが、Aさんの優しさと人柄に惹かれ、付き合うことを決めました。

それから私達は、3ヶ月後に念願の子どもを授かり結婚しました。

色々とスピードのある展開になりましたが、今でも後悔はなく幸せです。

最後に私の体験をもとに、お伝えしたいです。出会いの形は色々あります。

偏見がある人もいると思いますが、本当に出会いたいなら、自分から行動を起こす事をおすすめします。

縁のあるひとがいれば必ず結ばれます。

諦めずに頑張ってください。応援しています。

プロフィールの顔写真は堂々と公開しよう

3年前にペアーズをはじめました。

キッカケはまわりの友達に彼氏が出来たり、結婚する友達が出てきて少し焦りはじめたからです。

私は病院勤務なので職員は女性の方がほとんどです。

男友達も少なく出会いの場がなく困っていたので、フェイスブックでペアーズを見つけて登録しました。

プロフィールをみて自分と同じ趣味の人や年が近い人から声をかけて頂くことが多く、メッセージ交換していました。

たくさんの方とメッセージ交換していましたが、実際にお会いしたのは2人です。

その中で特に趣味やスポーツの話で盛り上がりとても仲良くなった男性と住んでいるところと年が近く仲良くなった男性がいます。

ペアーズに登録したものの、実際に会うとなると怪しい人なのかも、騙されているかもと不安に思うこともありました。

過去にwithというアプリを使って出会えたことはあったのですが、ペアーズでは経験がすくないため不安でした。

ですが1人目の男性はなんでも相談にのってくれて、愚痴を話すとなぐさめてくれるとても優しい方で少し不安な気持ちもありましたが、お会いすることにしました。

お互いプロフィールに顔写真をのせていましたが、お相手の男性は顔が一部しか写っていなく実際にお会いするまで顔が分からなかったのが少し怖かったのと、待ち合わせ場所で合流できるのか心配でした。

合流してからは、いつも通りスポーツについて話したり、お互い話すことにに夢中になっていて電車を乗りすごしてしまったことがあります。

1回しかお会いしなかったのですが、たくさん話をしたり観光もして楽しかったです。

2人目の方は同い年で住んでいるところが近かったので、2回お会いしました。

プロフィールの顔写真がプリクラで、顔も私好みの素敵な男性だと思っていたのですが、実際にお会いしてプロフィール写真と全然違うじゃんと思ったことがあります。

その男性とは買い物をしたり、お互いの理想の異性についてたくさんお話をしました。

年が同じこともありノリがよく、話していてとても楽しい方でした。

ですが顔写真がプリクラだったので、会う前はヤンキーみたいな人かも、ちゃらちゃらしている人かもとあまり良いイメージも持つことができませんでした。

第一印象は見た目で決まってしまうと思っているので、本当に出会いを求めているのであれば、はっきりと顔が区別できるような写真をのせるべきだと思います。

ペアーズでお会いした男性達とは、うまくいかず恋愛まで発展しなかったのですが、はじめから相手を信用しすぎてはいけないと思います。

また会うとなったら、少し慎重になるべきだなと良い経験をしたと思っています。

マッチングアプリで大事なことベスト5

私がいくつかのマッチングアプリを半年間登録して感じたことです。

1年以上付き合った彼氏と別れて、異性との出会いが全くない私は、思い切ってマッチングアプリに登録することにしました。

男性はメッセージのやりとりをするのに有料なアプリが多いですが、女性は基本無料のものが沢山あり、どれに登録しようか悩みどころです。

1:自分の年齢層に合ったアプリに登録

アプリによって年齢層が少し変わるので、自分の年齢と相手の希望する年齢に合ったアプリに登録することで、出会える率が変わります。

無料のアプリをいくつか登録したのですが、私はタップル誕生とペアーズの二つに絞って男性とやりとりをしました。

どちらも10代後半~30代後半の方が多かったです。

2:程よい顔写真をアップ

マッチングアプリでは、写真を登録した方がマッチング率がかなりアップします。

写真は写真でも顔写真です。

さらにSNOWなど加工しすぎな写真でないこと。

これ、とても重要です。

盛れている写真を使えば、マッチングする率が上がるかもしれませんが、後々実際に会った時に「写真と全然違う」「詐欺だ」と相手に思われ今後繋がれる可能性が低くなってしまう為おすすめしません。

程よく見える写真をアップしましょう。

3:細かくプロフィールを書く

きちんと交際を前提にお相手を探している方はしっかりとプロフィールを読んでから「いいね」を押してくれます。

プロフィールは出来るだけ細かく書いた方がいいでしょう。

4:メッセージで「何か違う」「返す気にならない」と思った人はどんどんブロック

マッチングしたらメッセージのやりとりになるのですが、「何か質問の仕方嫌だな」「堅苦しいな」など、メッセージの時点で自分とは合わないなと感じた方と実際に会っても「やっぱり合わないわ」と感じることが多いです。

メッセージの時点で返そうと思えない人はどんどんブロックするのがおすすめです。

5:すごく気が合った人とは期間が空かないうちに会う&体の関係は持たない

実際に会うと、話していて落ち着く人や次も会いたいと思う人が10人に1人くらいはいます。

そんな人と出会ったら、次に会う予定を空けすぎないで下さい。

アプリを通して何十人とやりとりをしています。期間が長ければ長いほど、他に連絡を取り合っている人と結ばれてしまう可能性があります。

予定が合う限り、一週間後に会えるのがベストです。

それから、気が合う人がいたとしても付き合う前に体の関係を持たないことが重要です。

体の関係を持ってから付き合う率は低いと思われます。

体の相性が一番大事という人以外は付き合ってから体の関係を持つのがいいでしょう。

私はこの5つを実践し、無事にフィーリングの合う方と付き合うようになり2年が経ちました。

以上、半年で25人ほどと出会って実感した、マッチングアプリで大事なことベスト5でした。

良かったら参考にしてください。

アラサー女のマッチングアプリ挑戦

趣味はゲームと映画。

お酒は飲まず、一人が気楽なおひとりさま行動。

そんなアラサー女がいい加減焦りを感じてマッチングアプリに登録した体験談です。

まずはそれぞれの会社にどんな違いがあるのかをとにかく1週間ほど暇を見つけては検索する日々。

やるからには本気で!という気持ちと、失敗したら辛くってまたしばらく引きこもっちゃうよ、というヘタレな思いから慎重にどこに登録するのか悩みました。

登録をしたのは「with」というマッチングアプリです。

口コミを見たところ20代もいるが30代40代も多そう。

しかも、メンタリストのDaigoさん監修という事で、心理テストのようなことをしながら結果に合わせて相性のいい相手を紹介してくれたりする様子。

まずは重要なプロフィール登録。

大勢の利用者がいる中で自分のページを見てもらう為には写真も重要!と思い、必死にアルバムとにらめっこです。

いかにも自撮りで光で白飛びしています…なんていう写真や、最近流行りのsnowなどといったカメラアプリはNGだろうと思いあくまでも自然体のものを選びます。

私がメインに選んだのは結婚式の二次会で誰かが斜め横から他のカメラに視線を向ける私を撮ってくれたもの。

笑顔で派手すぎないけどしっかりメイクをしていて3割り増しくらいに見える物です。

鼻が高いことを良く褒めてもらえてチャームポイントだと思っているので、角度もそれをアピールできるようなものにしました。

プロフィールは長すぎず短すぎず、過度な顔文字も控えて社交的な雰囲気を出しました。

そしてこのアプリの面白いと思った事は、自分に興味がある事を検索してタップするだけで、「どんな趣味を持っているのか」「どんな事が好きなのか」をプロフィールに追加の情報として載せていく事ができるのです。

例えば、「料理が好き」「お酒が好き」「体を動かすのがすき」と言った趣味のことから、「ハグが好き」「年を取っても仲良し夫婦」など、単純に好きな事や理想として思い描いていることをタップするだけで自分がどういう人間なのか相手に伝えやすくなります。

しかもこれ、検索をかけると大概のジャンルは出てくるので面白くてつい色々タップしてしまいます。

こうして自分のページを充実させると異性のページを開いた時に、自分に興味がある事の中から相手と共通している項目が何個あるのかを勝手に表示して教えてくれるのです。

共通項が3個程しかない人から30個程ある人まで様々…沢山の共通項がある事が分かるとメッセージも送りやすくなります。

自分がメッセージをもらった場合も、返事しやすいですしこのシステムは本当に使いやすかったです。

そんなこんなで登録を済ませて翌朝。

足跡は覚えていませんがマッチングの申請は10件ほど来ていました。

テンプレかな?という方から熱いメッセージ、フランクで親近感の湧くメッセージなど様々でした。

仕事がある為、何人かにはお礼と仕事終わりにきちんと改めて返信したい旨を伝えて仕事に行きました。

帰宅後、別の方から申請が来ていたのでゆっくりと全員の方のプロフィールに目を通しました。

なんでこんな方が登録しているのだろう?と不思議に思うような素敵な方もちらほら…悩み始めます。

登録から1週間した頃には使い方にも慣れて、その後申請してくださった方も含め5人の方とメッセージのやり取りを開始していました。

相手によって、1日1通の方もいれば何通かやり取りする方もいました。

もうすぐ1ヶ月…という頃にみんな見計らったかのように会ってみようという話になっていきます。

私も会ってみないことにはどんな方か分からないのでとにかく会ってみよう、と思うようになっていました。

この時、特によくやり取りをしていたHさん。

その方と会った時の状況を書いていこうと思います。

広告関係のお仕事にお勤めでデザインの仕事をしている40歳。

待ち合わせは彼の職場の近くで彼の庭とも呼べる街でした。

駅前で緊張しながら待ているとまるで何度も会っているかのように自然な感じで「おまたせ」と登場。

飾らない感じだが清潔感のあるカジュアルなスタイルで好印象。

夏なので歩かせるのは申し訳ないとタクシー移動をさせてくれました。

これが年上の男性の余裕なのか?とドキドキしながら目的のカフェへ向かいます。

東京湾を眺めながらオープンカフェスペースで昼前からがっつりステーキ。

Hさんはビールも楽しみながら会話を進めます。

事前に共通項が沢山会ったこともあり、「そういえば〇〇好きなんだよね?」など自然に言葉が出てきます。
話が尽きなすぎて気がついたら3時間経っていました。

次に行きたい場所もあったので急いで再びタクシーに乗り六本木へ。

しかし、目的の場所は混んでいたので諦めて近くのカフェに。

さっき飲み食いしたばかりなのに会話が楽しいとこんなに苦じゃないのかと思える時間でした。

予約していたお店があったのを忘れて会話に没頭していたのでまたもやタクシー。

デートではマイカーか電車しか使ったことのない私はこの時点で不安に…デート代大丈夫なのだろうかとソワソワし始めます。

次のお店は動物が好きな私の為にフクロウカフェに連れて行ってもらい、腕に乗せたり餌をあげたり1時間癒されることとなりました。

最後は、南青山にて人気のパンケーキ屋さんを教えてもらい大満足。

完全に私に合わせてくれたデートで感謝しかありませんでした。

遅くならないうちに家に帰れるようにと18時にはお別れをしました。

マッチングアプリは怖い方もいるのだろうか?という不安があった私でしたが、Hさんはとても紳士的でなにより時間を忘れて会話ができるとても素敵な方でした。

その後、お誘いをもらって合計3回デートをすることになったのですが…残念な事に彼とお付き合いすることはありませんでした。

他に好きな人が出来たのでごめんなさいと言われた時にようやく、「そうか!アプリだものライバルもいるんだ!」と思いました。

手すら繋いだこともない関係でしたが、勝手にこのまま付き合ったりするのかも!?とか思っていた自分が恥ずかしいです。

しかし、大人になると出会い自体が減っていくのでとても新鮮な経験でした。

その後、you brideという婚活サイトにも登録しましたがお付き合いに至るまでの方はおらず。

息抜きで始めたソーシャルゲームにてひょんな出会いがあり、まもなく彼の地元に引越し予定です。

どこでどんな出会いがあるのか本当に分からないものですが、マッチングアプリに関しては利用前の不安は利用してから一気に消えて行ったのは確かです。

また、私はうまくいかなかったけれどそれはアプリのせいではなく、むしろアプリはチャンスを沢山与えてくれるものだろうなと今は思っています。

私が使って良かったと感じたマッチングアプリの体験談

マッチングアプリは今では数多くありますが、中には悪徳な業者も存在します。

お金だけ使って、出会わせないように仕組んでいるのです。

それはサクラと呼ばれている人で、あなたが話しているのは会社で雇われた人の可能性もあるのです。

つまりお金だけ使わせて、一向に合わせないのです。

そんな悪徳業者と全く違うのがPCMAXです・・・

PCMAXは、会員数が1000万人もいて評価も高いマッチングアプリです。

使い方さえ理解できれば、多くの出会いがあるはずです。

今回は、PCMAXの使い方について解説していきたいと思います。

まずは、web版から無料登録しましょう。

アプリ版もありますが、webでもらえる1200円相当のポイントがもらえなくなりますからね。

web版から登録してもアプリ版も使うことができますから心配しないでくださいね。

電話番号確認がありますが、重複防止のためにやっていることで、個人情報を盗まれることはありません。

登録するには、18歳以上かの確認をするために身分証を写真で撮って送らなければいけません。

写真登録やプロフィールで異性を引くように仕向けることが大切です。

ふざけた顔やおもしろ顔ではなく数あるで清潔感のある写真、プロフィールは趣味・特技・休日の過ごし方など書いておけばあなたのマッチする異性が見つかりやすくなりますよ!!

そして、掲示板というものがあり、一日一回無料でできて積極的にアピールすることで注目されます。

さらに日記でコメントをつけあったり、あなたが日記を読んでコメントを付けることで連絡先を交換できるチャンスが増えます。

ここまでが下準備で、ここから恋人を探していきます。

プロフィール検索して異性のプロフィールや好きなものを読んでいいなと思えば、積極的にメールを送っていきます。

敬語で自己紹介して、相手が興味を持つような会話を投げかけてみてください。

最初から思い通りにいかなくても、メールを打っているうちに書き方がわかってくるので少しずつうまくなっていきますよ。

やり取りがうまくいくと、連絡が来るのでデートに誘えるようにしていきましょう。

ポイントはログインするごとにたまっていったり、皆勤賞でさらにたまっていく特典もあります。

PCMAXがどんなサイトか解説をざっくりしてきましたが他のマッチングアプリでも同じような使い方です

ですが、PCMAXのように会員数が1000万人もいるサイトはほとんどありません。

出会いがない、新しい恋人がほしいというあなたは今回解説したPCMAXの使い方を参考にして出会いを求めてみてくださいね。

聖夜に出会った有村架純似の女子大生

僕が恋活アプリで奇跡の出会いをしたのは、今からちょうど一年前ぐらい、2016年12月のことでした。

クリスマスも近くなった12月頭、以前付き合っていた彼女と別れて半年が経ち、寂しさを感じ始めた僕は、ある人気恋活アプリをダウンロードしました。

夜のニュースで若者の間で流行っていると取り上げられていたアプリ。

あまり期待はしていませんでしたが、普段男だらけの職場で働く23歳の僕は、いい出会いがあればと淡い期待を抱きながら、そのアプリを始めました。

そのアプリは、自分の写真やプロフィール文を載せ、お互いが「いいね!」をしマッチングすると、メッセージができるものでした。

恥ずかしい話、ルックスは〝中の下″、大した特技もない冴えない僕のことなんて「いいね!」をしてくれる女性がいるのかと思っていたため、僕の方から積極的に気になる女性に「いいね!」をする、数打ちゃ当たる戦法をとりました。

すると、ちらほらマッチングが!!

こんな僕のこと「いいね!」してくれる女性も世にはいるんですね。

その中でも、2歳年下の大学生で料理が趣味、プロフィール画像はエプロン姿で目元を手で隠しながらも可愛い雰囲気を感じる女性がすごく気になり、メッセージを送ることにしました。

僕「初めまして!僕なんかにいいねありがとうございます。料理好きなんですね!よかったら仲良くしてください」

女性「こちらこそありがとうございます。そうなんです!料理ちっちゃい頃から大好きで!」

こんな会話から話も盛り上がり、ネット上の繋がりでしたが距離も縮んでいきました。

3週間後ほどが経ち、クリスマス当日。僕は勇気を出してご飯に誘ってみると、是非!との返答。話を聞いてみると、街がクリスマスムード一色の中、一人で部屋で過ごすのは寂しかったみたいです。

彼女のプロフィール画像では目元が隠れており、実際どんな見た目なのかどきどきしていましたが、いざ待ち合わせ場所に現れたのは、なんと有村架純ちゃん似の可愛い女子大生でした。

実際話しても、すごく笑顔で話を聞いてくれるいい子で、ルックスが中の下の僕ですが、メッセージのやりとりで、僕の優しい?雰囲気が伝わり会いたくなってくれたらしいです。

普段なかなか出会いもなく冴えない僕に、こんな素晴らしい女性と出会わせてくれた恋活アプリには本当に感謝です。

恋活アプリでは、普段の生活の何倍もの人数の女性と出会うチャンスがあるため、僕みたいな人に惹かれてくれる女性もいるみたいです。

そして先ほどクリスマスに会った女性が、なんと今の僕の彼女です。

あれから一年経った今もラブラブに過ごしています。

人生で初めてマッチングアプリを利用して彼女をゲットした時の体験談

私は以前、マッチングアプリを利用していました。

使い始めた当初は当然ですが彼女もおらず、軽い気持ちで始めました。

私が使用していたアプリはタップル誕生ですが、決めてとなった理由はなく、スマホの広告で出ていたのを見て何となくクリックしてみたという程度です。

登録して最初は無料会員としてやろうと思っていましたが、メッセージ機能はじめ、メインとなる機能がほとんど使えないことから、有料会員となることにしました。

私自身ルックスがよくないので、お気に入りの女性がいていいねをしても反応をもらえることはほとんどなく、逆にいいねを下さる女性も私のタイプの女性はほとんどいませんでした。

そうした状況が続き、いつの間にか使わなくなっていましたが、ある日いいねがついていたのを見て、何の気なしに確認したところ、私のタイプの女性であり、非常にテンションが上がったのを覚えています。

早速メッセージ送ると、すぐに返信をもらえ、何日かメッセージを交換し、その後LINEでのやり取りを行うようになりました。

相手は平日休みの方で、私は土日休みでしたので中々休日が合うことがなく、もどかしい感じもしましたが、とにかく嫌われないようにしようと、すぐに誘うことはなく、できれば向こうから誘ってきてもらえるまで待とうと思っていました。

そのうちに、相手のほうからお誘いを受けました。

土日に合うのは難しいということなので、私の仕事終わりに会うことにしました。

お互い都内に住んでいたので、場所を決めるのもそこまで苦労しませんでした。

会うと決まった時はテンションが上がりましたが、やはりアプリでの出会いということで、もし写真と全然違ったらどうしようと思う部分もありました。

しかし、実際お会いすると写真そのままの感じでした。

身長が高いことは知っていましたが、かなり大きかったので驚きました。

実際に会ってみて話すと性格も良く、もともと音楽の趣味が似ていたので、音楽について話すことで緊張を解いていきました。

時間はあっという間に過ぎ、すかさず次回のデートのお願いをすると快諾してもらえました。

会える日程を合わせるのは中々大変でしたが、それでも何とか予定を組むことができ、2回、3回とデートをしました。

3回目のデートの時は、私が平日に有給を使って遠出しました。

1日一緒に入れるということでかなり気合が入りましたし、その分緊張もしました。

告白することを決めていたので、どのタイミングで言うべきかを悩みましたが、結局デートの終盤で告白することにしました。

何とかOKをもらえ、付き合うことになりました。

マッチングアプリで知り合った女性とお付き合いするということで、友人や身内に報告するのはかなりためらわれ、家族には合コンで知り合ったと報告しました。

彼女ができたこと自体は非常にうれしかったのですが、付き合った後でコソコソしなくてはいけないという点では、少しモヤモヤした感じもありますけどね。

婚活アプリの縁結びを利用して実際に会ってみた話

婚活アプリのゼクシィの縁結びを利用して、出会った人との体験談をお話しします。

婚活アプリ初体験でしたが、なかなか楽しいです。

恐怖心もあるかと思いますが、大手のゼクシィが見守りパトロールもしてくれていますし、怪しい人などに対してはユーザーからの通報も出来るので安心です。

また、何よりも男性の月額利用料金が女性より高いですし、身分証を提出してるかしてないかなども見分けられるので、本格的なやり取りや実際に会う場合も判断基準になり、安心です。

実際に気になる人が出来て、相手は35歳の人で私より4歳くらい年上の方でした。

相手から気になるというハートマークを送ってくれたので、私もプロフィールを見て、意気投合しそうな部分があったので、送り返しました。

晴れてマッチングしたので、アプリ内でメールのやり取りをしました。

ある程度の仕事や趣味などを聞き、会ってみたいと思うようになりました。

渋谷のカフフェを予約してくれていて、ランチをすることになりました。

時間になっても来なくて、待ち合わせ2分くらいになって、遅れますとの連絡が入りました。

その時点で、かなりイライラして、なぜ遅れたのかを教えて欲しいと思いましたが、ぐっと抑えました。

お互いの服装で目立つポイントを教えて、無事交流できました。

第一印象としては、写真は何年前の若い時の写真ですかと聞きたくなるくらい老けてました。

まぁ写真が違う問題は、お互い様ということで良しにして席に移動しました。

良い雰囲気で予約してくれてありがとうございますと、上辺の挨拶を済ませランチも別々に頼んで会話がスタートしました。

会社経営しているという彼は、年収3000万ということでどんな仕事をしてるのか聞くと、10分くらい一人でずっと話し始めました。

結婚したい人の結婚への概念が3つあると言い始め、これを話したら長くなると言い出すので、呆れてしましました。

1つ目は、ただ結婚式を挙げたい人、2つ目は、結婚して幸せになりたい人、3つ目は、生涯一緒に過ごしたい人と結婚したい人と言うのです。

正直なところ講義を聞いてるようなものでした。

会話はキャッチボールなのに、思考回路が違うのだなと思いました。

もう早く帰りたいと思いました。

メールのやり取りでは、楽しくて素敵な人と想像してしまった私も悪いですが、本当に実際会ってみないと人は分からないと思い知らされた体験でした。

極めつけは、お会計は合計2000円弱をゴールドカードでお支払いしてました。

そして、私からは1000円もらうという始末でした。

あまりにも残念な出会いに、今後婚活アプリを続けていくか検討中です。

ペアーズは実際に異性と会えるサイトです

私は、ペアーズをもう2年ぐらい使っています。

ペアーズの良いところは、女性は無料で利用できるところです。

女性は、お相手のプロフィールの閲覧から、メッセージの交換まで完全無料で利用できるのが嬉しいです。

ペアーズはまず最初に、少しでもいいなと思った相手に「いいね」ボタンを押すところから、アプローチが始まります。

このシステム、会ったことのない男性に、どんなメールを送ったらいいかわからない、恋愛に奥手の女性にとってはとても良いシステムだと思います。

「いいね」を相手に送って、相手からも「いいね」を返してもらえたら、マッチングが成立します。

マッチングが成立すると、メッセージの交換ができるようになっています。

私はペアーズで、今まで20人以上の男性とマッチングをしました。

実際には、マッチングが成立しても、 その後どちらかから「よろしくお願いします」などのメールを送らないと、そのままになってしまいます。

ですので、マッチングが成立して「この人素敵だな」と思ったら、女性からでも「こんにちは」など、なんでもいいから、メールを送ってみた方がいいです。

そうすると、男性の方から90%以上の確率で、何かのメール返信がもらえます。

私は今まで、ペアーズで知り合った3人の男性と、実際に会うことができました。

その中で印象的だった1人の男性との実際のメールのやり取りや、デートはどんなだったかをご紹介します。

その男性と知り合ったのは、昨年の11月でした。

マッチングが成立して、私が「初めまして。よろしくお願いします」とメッセージを送ったところ、その男性から、「こちらこそ、よろしく」とメールが返ってきました。

その後は、毎日、仕事終わりの夜に、たわいもないことをメールし合っていました。

「今日は寒いですね。お仕事、お疲れ様でした」と私がメールすると、その男性は、ギターを弾くのが好きみたいで、秦基博さんの「ひまわりの約束」を歌う様子を撮った動画を送ってくれたりしていました。

1週間ぐらいメールを続けた後、その男性から、「一度会ってみませんか?」とメールをもらったので、OKしました。

彼の仕事が終わるのが、夜の7時ぐらいと時間が遅かったので、1回目のデートは私の家に来てもらうことになりました。

彼は料理が得意で、趣味でもあるということで、手作りの料理を私にご馳走すると言ってくれました。

彼が作ってくれたのは、ウニを使ったパスタと鯛のカルパッチョでした。

居酒屋で、アルバイトをしていたことがあるらしく、パスタもカルパッチョも、とても美味しかったのを覚えています。

その後もメールのやり取りは続き、「また家に遊びに来たい」と彼は言ってくれたのですが、その日、私はどうしても外せない予定があり、彼と会う約束を断ってしまいました。

それ以来、なんとなく気まずくて疎遠になり、彼とは自然消滅する形になりました。

それでも、彼との楽しいデートは、私にとって今でも良い思い出になっています。

そういった経験からもペアーズは、利用するだけの価値があるマッチングアプリだと思いますよ。