人生で初めてマッチングアプリを利用して彼女をゲットした時の体験談

私は以前、マッチングアプリを利用していました。

使い始めた当初は当然ですが彼女もおらず、軽い気持ちで始めました。

私が使用していたアプリはタップル誕生ですが、決めてとなった理由はなく、スマホの広告で出ていたのを見て何となくクリックしてみたという程度です。

登録して最初は無料会員としてやろうと思っていましたが、メッセージ機能はじめ、メインとなる機能がほとんど使えないことから、有料会員となることにしました。

私自身ルックスがよくないので、お気に入りの女性がいていいねをしても反応をもらえることはほとんどなく、逆にいいねを下さる女性も私のタイプの女性はほとんどいませんでした。

そうした状況が続き、いつの間にか使わなくなっていましたが、ある日いいねがついていたのを見て、何の気なしに確認したところ、私のタイプの女性であり、非常にテンションが上がったのを覚えています。

早速メッセージ送ると、すぐに返信をもらえ、何日かメッセージを交換し、その後LINEでのやり取りを行うようになりました。

相手は平日休みの方で、私は土日休みでしたので中々休日が合うことがなく、もどかしい感じもしましたが、とにかく嫌われないようにしようと、すぐに誘うことはなく、できれば向こうから誘ってきてもらえるまで待とうと思っていました。

そのうちに、相手のほうからお誘いを受けました。

土日に合うのは難しいということなので、私の仕事終わりに会うことにしました。

お互い都内に住んでいたので、場所を決めるのもそこまで苦労しませんでした。

会うと決まった時はテンションが上がりましたが、やはりアプリでの出会いということで、もし写真と全然違ったらどうしようと思う部分もありました。

しかし、実際お会いすると写真そのままの感じでした。

身長が高いことは知っていましたが、かなり大きかったので驚きました。

実際に会ってみて話すと性格も良く、もともと音楽の趣味が似ていたので、音楽について話すことで緊張を解いていきました。

時間はあっという間に過ぎ、すかさず次回のデートのお願いをすると快諾してもらえました。

会える日程を合わせるのは中々大変でしたが、それでも何とか予定を組むことができ、2回、3回とデートをしました。

3回目のデートの時は、私が平日に有給を使って遠出しました。

1日一緒に入れるということでかなり気合が入りましたし、その分緊張もしました。

告白することを決めていたので、どのタイミングで言うべきかを悩みましたが、結局デートの終盤で告白することにしました。

何とかOKをもらえ、付き合うことになりました。

マッチングアプリで知り合った女性とお付き合いするということで、友人や身内に報告するのはかなりためらわれ、家族には合コンで知り合ったと報告しました。

彼女ができたこと自体は非常にうれしかったのですが、付き合った後でコソコソしなくてはいけないという点では、少しモヤモヤした感じもありますけどね。

婚活アプリの縁結びを利用して実際に会ってみた話

婚活アプリのゼクシィの縁結びを利用して、出会った人との体験談をお話しします。

婚活アプリ初体験でしたが、なかなか楽しいです。

恐怖心もあるかと思いますが、大手のゼクシィが見守りパトロールもしてくれていますし、怪しい人などに対してはユーザーからの通報も出来るので安心です。

また、何よりも男性の月額利用料金が女性より高いですし、身分証を提出してるかしてないかなども見分けられるので、本格的なやり取りや実際に会う場合も判断基準になり、安心です。

実際に気になる人が出来て、相手は35歳の人で私より4歳くらい年上の方でした。

相手から気になるというハートマークを送ってくれたので、私もプロフィールを見て、意気投合しそうな部分があったので、送り返しました。

晴れてマッチングしたので、アプリ内でメールのやり取りをしました。

ある程度の仕事や趣味などを聞き、会ってみたいと思うようになりました。

渋谷のカフフェを予約してくれていて、ランチをすることになりました。

時間になっても来なくて、待ち合わせ2分くらいになって、遅れますとの連絡が入りました。

その時点で、かなりイライラして、なぜ遅れたのかを教えて欲しいと思いましたが、ぐっと抑えました。

お互いの服装で目立つポイントを教えて、無事交流できました。

第一印象としては、写真は何年前の若い時の写真ですかと聞きたくなるくらい老けてました。

まぁ写真が違う問題は、お互い様ということで良しにして席に移動しました。

良い雰囲気で予約してくれてありがとうございますと、上辺の挨拶を済ませランチも別々に頼んで会話がスタートしました。

会社経営しているという彼は、年収3000万ということでどんな仕事をしてるのか聞くと、10分くらい一人でずっと話し始めました。

結婚したい人の結婚への概念が3つあると言い始め、これを話したら長くなると言い出すので、呆れてしましました。

1つ目は、ただ結婚式を挙げたい人、2つ目は、結婚して幸せになりたい人、3つ目は、生涯一緒に過ごしたい人と結婚したい人と言うのです。

正直なところ講義を聞いてるようなものでした。

会話はキャッチボールなのに、思考回路が違うのだなと思いました。

もう早く帰りたいと思いました。

メールのやり取りでは、楽しくて素敵な人と想像してしまった私も悪いですが、本当に実際会ってみないと人は分からないと思い知らされた体験でした。

極めつけは、お会計は合計2000円弱をゴールドカードでお支払いしてました。

そして、私からは1000円もらうという始末でした。

あまりにも残念な出会いに、今後婚活アプリを続けていくか検討中です。

ペアーズは実際に異性と会えるサイトです

私は、ペアーズをもう2年ぐらい使っています。

ペアーズの良いところは、女性は無料で利用できるところです。

女性は、お相手のプロフィールの閲覧から、メッセージの交換まで完全無料で利用できるのが嬉しいです。

ペアーズはまず最初に、少しでもいいなと思った相手に「いいね」ボタンを押すところから、アプローチが始まります。

このシステム、会ったことのない男性に、どんなメールを送ったらいいかわからない、恋愛に奥手の女性にとってはとても良いシステムだと思います。

「いいね」を相手に送って、相手からも「いいね」を返してもらえたら、マッチングが成立します。

マッチングが成立すると、メッセージの交換ができるようになっています。

私はペアーズで、今まで20人以上の男性とマッチングをしました。

実際には、マッチングが成立しても、 その後どちらかから「よろしくお願いします」などのメールを送らないと、そのままになってしまいます。

ですので、マッチングが成立して「この人素敵だな」と思ったら、女性からでも「こんにちは」など、なんでもいいから、メールを送ってみた方がいいです。

そうすると、男性の方から90%以上の確率で、何かのメール返信がもらえます。

私は今まで、ペアーズで知り合った3人の男性と、実際に会うことができました。

その中で印象的だった1人の男性との実際のメールのやり取りや、デートはどんなだったかをご紹介します。

その男性と知り合ったのは、昨年の11月でした。

マッチングが成立して、私が「初めまして。よろしくお願いします」とメッセージを送ったところ、その男性から、「こちらこそ、よろしく」とメールが返ってきました。

その後は、毎日、仕事終わりの夜に、たわいもないことをメールし合っていました。

「今日は寒いですね。お仕事、お疲れ様でした」と私がメールすると、その男性は、ギターを弾くのが好きみたいで、秦基博さんの「ひまわりの約束」を歌う様子を撮った動画を送ってくれたりしていました。

1週間ぐらいメールを続けた後、その男性から、「一度会ってみませんか?」とメールをもらったので、OKしました。

彼の仕事が終わるのが、夜の7時ぐらいと時間が遅かったので、1回目のデートは私の家に来てもらうことになりました。

彼は料理が得意で、趣味でもあるということで、手作りの料理を私にご馳走すると言ってくれました。

彼が作ってくれたのは、ウニを使ったパスタと鯛のカルパッチョでした。

居酒屋で、アルバイトをしていたことがあるらしく、パスタもカルパッチョも、とても美味しかったのを覚えています。

その後もメールのやり取りは続き、「また家に遊びに来たい」と彼は言ってくれたのですが、その日、私はどうしても外せない予定があり、彼と会う約束を断ってしまいました。

それ以来、なんとなく気まずくて疎遠になり、彼とは自然消滅する形になりました。

それでも、彼との楽しいデートは、私にとって今でも良い思い出になっています。

そういった経験からもペアーズは、利用するだけの価値があるマッチングアプリだと思いますよ。